マルヌのほとり☆

パリ郊外、マルヌ河のほとりの街から日々のこと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ガレット・デ・ロワ
1月になると登場するお菓子。

P1010117.jpg

ガレット・デ・ロワ(王様のガレット)

このガレットは1月6日の公現祭(キリスト教の祭日)に食べるとされている、フランスの伝統的なお菓子です。
これを食べて、新年を祝う意味もあるんだとか。
パイ生地にアーモンドクリームをはさんで焼かれたガレットには、中にフェーブと呼ばれる陶器の小さな置物?モチーフ?が入っています!

切り分けられた自分の一切れにフェーブが入っていたら、当たり~♪
ガレットを買うと必ず付いてくる紙の王冠をかぶって、その日は「王様/王女様」として祝福されます!

ダンナさんの会社でも、毎年、ガレット・デ・ロワをみんなで食べるんだそうです!
フェーブが入っていた人は、王冠をかぶって仕事♪
フランス人のこういうかわいらしさは好きかも。
普段は腹のたつことも多いけど・・・苦笑

P1010131.jpg

そして、我が家でフェーブ(↑)入りガレットを食べたのは・・・!?

ポチっとお願いいたします→☆人気ブログランキングへ

私!ではなく・・・

P1010125.jpg

ダンナさんでした。。。
(王様のご登場!)

年甲斐もなく、王冠、被りたかったな・・・ちぇっ
でも、我が家の「王様」は撮影直後に眠くなられたようで、即寝!
しかも、そのまま朝までぐっすりのご様子。
今日限りの「王様」、就任期間は30分でございました・・・


ガレット・デ・ロワはこの時期、パン屋、ケーキ屋はもちろん、スーパーなどでも手に入ります。
が、せっかくなのでおいしいパン屋さんで買おうと思い、今回は「Boulangerie de la Fontaine Gaillon」で購入。
これは大正解でした。
すぐそばにあるレストランが経営しているこのパン屋さん、パン以外のキッシュなどのお惣菜やケーキもおいしい♪
お昼時は長い列ができてます。

P1010115.jpg

「Boulangerie de la Fontaine Gaillon」
15,Rue Gaillon 75002

ガレット・デ・ロワといっても、お店によってはチョコ味があったり、フランスの地方によって特色があったりするようで、いろいろ試してみたくなります。

とりあえず私が王女様になるまで、買い続けようかな!? 笑


おいしくて、ちょっと楽しい♪
viva!ガレット・デ・ロワ
ポチッとお願い致します→☆人気ブログランキングへ


*ガレット・デ・ロワについて書かれている方がたくさんいらっしゃいました。
つい嬉しくて、TBさせてもらいました!
パリときどきバブー
ぱりじぇんぬ犬ルビーの日記
るり、フランスにいます☆
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
はじめまして。いただいたTBから飛んできました。
1月中は売っているみたいですし、あたるまで食べるしかないですよね!
少し前の記事、サンジェルマン・デ・プレ周辺のおじさん! ワレワレもよくみかけますよ。。早業でいろんなものを作ってしまう妙技、アジア人ってやっぱり器用ですよね。
2006/01/08(日) 06:59:18 | URL | ルビパパ・ルビママ #-[ 編集]
こんにちわ。コメントいただいてありがとうございました。私もさっそく飛んでまいりました。チョコ味のガレットなんて、見たこともありませんでした。ひとつの味で単純というか、日本と違ってなんだかほのぼのとしていいなあなんて思っていたのですが、どうやら色々な競争も少しはあるんですね?!
違う味を食べてみたいなあ・・・♪
2006/01/08(日) 08:18:04 | URL | とのまり #-[ 編集]
☆ルピパパ・ルピママ さん
早速、TBとコメントを残してくださってありがとうございます!
ガレット、1月中は売ってるんですね!?
再チャレンジしてみます。
サンジェルマンのおじさん、よく出没するんですね。
寒い中、あの妙技!スゴイですよね。
2006/01/10(火) 03:37:53 | URL | lamarne #-[ 編集]
☆とのまり さん
こちらこそTBとコメントをしていただき、ありがとうございます。
ショコラティエ等ではチョコ入りのガレットも売っているみたいです。
やっぱり自慢のチョコを入れないわけにはいかない!って感じですかね!?
私もいろいろ試してみたいです♪
2006/01/10(火) 03:54:02 | URL | lamarne #-[ 編集]
ガレット
王様が寝た後、もちろんこっそりかぶったでしょ?(笑)。
フランスはそんな風習もあるんだ!?おもしろいね~☆
・・・王冠かぶりたくなってきた!!
2006/01/11(水) 17:49:30 | URL | suzu #mQop/nM.[ 編集]
こんばんわ~、いつも拝見しておりま~す。
女王様のがしちゃにましたね~!! 私もなれませんでした(*´д`*)
女王様になれるまで買い続けるって、笑ってしまいました。 
2006/01/14(土) 02:05:29 | URL | るり #-[ 編集]
☆suzu ちゃん
もちろん、かぶったよ~!(笑)
この風習、おもしろいよね。
でも、こどもがコレをやるとけっこう火花がちるらしいよ!?
私のには入ってない~!って泣き出す子がいたりとか!(笑)
王冠、suzuちゃんなら立派なのが手作りできるよ~♪
ぜひ、suzu家でやってみて!
2006/01/19(木) 01:24:43 | URL | lamarne #-[ 編集]
☆るり さん
こんばんは~!
TBとコメント残してくださって、ありがとうございます!!
るりさんもフェーヴは引き当てられなかったんですね~。
結構、悔しいですよね。
お互い、残念でした・・・。
でも、見つかっても「女王様」にはなれないかも!?(笑)
私の勝手なイメージですけど、網タイツにムチって感じがするんですよね♪(笑)
2006/01/19(木) 01:36:59 | URL | lamarne #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
1月6日、キリスト教の公現節にあたる日に、フランスではガレット・デ・ロア(galette des rois)を食べる習慣があります。アーモンドクリームのはいったパイ菓子で、これを食べないと1
2006/01/08(日) 06:51:35 | ぱりじぇんぬ犬ルビーの日記
この陶器で出来た置物たち、1月のフランスの風物詩、Galette(ガレット)の中に入っている feve(フェーブ)という人形。この人形達、今ではものすごい色々な種類があって、ピカチュウなどテレビ番組の人気キャラクターから、キリスト教のお話にちなんだものまで様々。このシリ
2006/01/08(日) 08:19:52 | パリときどきバブー
今日やっと、ガレットを食べ終わりました。Gallette noisettes(ガレット・ノワゼット)と、Galette fourree amandes(ガレット・フレ・アマーンド)。1月8日にも書いたけど、ガレットの中には、feve des Rois(フェーヴ・デ・ロワ、公現祭のソラマメまたは、陶器の小さな
2006/01/14(土) 05:18:10 | るり、フランスにいます☆
1月2日以降の最初の日曜日。 フランスでは、jour des Rois(ジュール・ド・ロワ。 公現祭)。 キリスト教のなんたらかんたらの日。(広辞苑:キリスト教で異邦人に対する救主の顕現を祝う祝日。)今日は、公現祭を祝ってフランス中で、galette des Rois(ガレット・デ・
2006/01/14(土) 05:22:02 | るり、フランスにいます☆
Galette des Rois 大好き! クリスマス→大晦日→お正月と来て 次のフランスの年末年始行事が1月6日の公現祭(Epiphanie)。 東方の三博士(les Rois Mages)が星の光に導かれて 12月25日にベツレヘムで誕生した 幼子イエスに会いに行ったという日。 この日にはガレット・デ・ロ
2006/01/17(火) 06:39:27 | パリ発NEPOJA日記
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。