FC2ブログ

マルヌのほとり☆

パリ郊外、マルヌ河のほとりの街から日々のこと
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ガレット・デ・ロワ
1月になると登場するお菓子。

P1010117.jpg

ガレット・デ・ロワ(王様のガレット)

このガレットは1月6日の公現祭(キリスト教の祭日)に食べるとされている、フランスの伝統的なお菓子です。
これを食べて、新年を祝う意味もあるんだとか。
パイ生地にアーモンドクリームをはさんで焼かれたガレットには、中にフェーブと呼ばれる陶器の小さな置物?モチーフ?が入っています!

切り分けられた自分の一切れにフェーブが入っていたら、当たり~♪
ガレットを買うと必ず付いてくる紙の王冠をかぶって、その日は「王様/王女様」として祝福されます!

ダンナさんの会社でも、毎年、ガレット・デ・ロワをみんなで食べるんだそうです!
フェーブが入っていた人は、王冠をかぶって仕事♪
フランス人のこういうかわいらしさは好きかも。
普段は腹のたつことも多いけど・・・苦笑

P1010131.jpg

そして、我が家でフェーブ(↑)入りガレットを食べたのは・・・!?

ポチっとお願いいたします→☆人気ブログランキングへ

[ガレット・デ・ロワ]の続きを読む
スポンサーサイト
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。